2016年12月19日

瞑想・祈りのレベル@瞑想・祈りに入る準備段階

瞑想・祈りのレベル@瞑想・祈りに入る準備段階

DSCF3047.JPG

一人で祈りをする時には、誰もいない、自分一人だけの場所と時間をつくることが必要です。
祈りやすい場所と祈りにくい場所があり、祈りやすい時間帯とそうでない時間帯があります。
いつがよいのか、どこがよいのかは自分の感覚で決めなければなりません。
一般には多くの人々が集まる場所は、霊気が汚れ霊通しにくいと言えます。
そのため時には日常生活を離れ、海や山などに行ってするのもよいでしょう。
また早朝や深夜にするのもよいでしょう。しかしできることならば、いつどこでも深い霊的世界に入って行けるようになるのが望ましいのです。
忙しい日常生活の中にあっても、自分の今いるすぐ近くに、直ちに聖別された時空をつくることができるようにしたいものです。



スピリチュアリズム・ニューズレター4号
スピリチュアリズムにおける瞑想・祈り
http://www5a.biglobe.ne.jp/spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/spnl-04/spnl-04-1.htm

posted by コバチャン本舗 at 17:47| Comment(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スピリットヒーリング
無料ボランティア活動「遠隔ヒーリング」について
リンク集
関西シルバーバーチ読書会
大阪シルバーバーチ読書会
スピリチュアリズム普及会第1公式サイト/霊性進化の道
続 いのちの波動
コバチャン本舗のシルバーバーチ読書会
シルバーバーチを拠り所にして