2016年12月18日

瞑想・祈りはどうして必要か

瞑想・祈りはどうして必要か

DSCF1043.JPG

霊的真理を実践して魂を成長させることが、地上生活の目的でした。そのためには、これまで何度も述べてきましたように、霊主肉従の努力(霊優位の生き方)、苦しみの克服、積極的な利他愛の実践が必要でした。それらについては、すでにニューズレター1号〜3号で説明してきました。そして四つ目の実践項目が「瞑想・祈り」です。私達が霊的人生を歩むに際し、瞑想・祈りを欠かすことはできません。

瞑想・祈りの重要性を主張しない高級霊はいません。シルバーバーチにしても、インペレーターにしても、聖ルイ(『霊の書』の通信霊)にしても、一日のうちわずかでもよいから祈りの時を持つように繰り返し述べています。またマイヤースも、『個人的存在の彼方』の中で同様のことを述べています。このように高級霊達が口を揃えて祈りの必要性を強調するのは、私達地上人が考える以上に祈りが重要だからです。なぜ霊界から見ると、祈りはそれほどまでに大切なのでしょうか? 地上にいてなす正しい祈りとは、どのようなものなのでしょうか?



スピリチュアリズム・ニューズレター
バックナンバー 4号
スピリチュアリズムにおける瞑想・祈り
http://www5a.biglobe.ne.jp/spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/spnl-04/spnl-04-1.htm

posted by コバチャン本舗 at 18:13| Comment(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スピリットヒーリング
無料ボランティア活動「遠隔ヒーリング」について
リンク集
関西シルバーバーチ読書会
大阪シルバーバーチ読書会
スピリチュアリズム普及会第1公式サイト/霊性進化の道
続 いのちの波動
コバチャン本舗のシルバーバーチ読書会
シルバーバーチを拠り所にして