2016年03月07日

ゆめこさんへの手紙・・愛する人と死別したあなたに

おおぞらさんのブログ「続 いのちの波動」の記事「広い視野から」でゆめこさんのコメントを拝見しました。

 そして 私は妻が他界して20日後の作った動画を案内させていただきました。



 ゆめこさんがこのブログを見ていただけるかどうか、わかりませんが、お会いさせていただいたこともないゆめこさんに勝手に手紙を書くことにしました。
 もちろん ゆめこさんだけでなく、身近な愛するひとを亡くした方にそっと読んでいただければと思っています。

DSCF1216.JPG

  私は大空さんのブログのコメントの中で1年で号泣から立ち直ったことを書きました。これは私の環境が恵まれていたからだと思います。
 一人暮らしで近くに身寄りもなく、仕事の面も忙しい世代でなくなり、ゆっくりできる世代になってきたので霊的なことを見つめる時間が大変多くありました。
 これは本当に恵まれていたことです。もしこの環境でなければもっと時間が必要だったかもしれません。

 「霊的な向上は一生ものですからゆっくり進んでください。」という大空さんのゆめこさんに対するコメントがありました。
 これは私がたまたま いい環境だったので1年ですんだだけで人それぞれの進行の仕方があるのでゆめこさんはあわてずにゆっくり進んでくださいという大空さんのやさしいお気持ちです。
ほんと 大空さんはやさしいですね。

 私は妻が他界してから その都度の自分の心境を動画やブログで残しているので自分の変化がよくわかります。
 はっきり言って 妻他界時より1年後 1年後より2年後 そして2年後より現在の方が私は霊的成長をしています。ここは変に謙遜しません。自分をしっかり見つめると成長しているのがわかります。
 しかし もちろん まだまだです。

 ゆめこさんのコメントを拝見するとゆめこさんは大丈夫です。自分の体験と照らし合わせてそう思います。
ゆめこさん 時間は多少かかるかもしれませんが、大丈夫ですよ。

 私は妻の他界を地上的な視野では耐えることはできませんでした。霊的知識はあっても亡くなった妻のことを地上的な視野で見ていました。
 地上的な視野ではがんの痛みで苦しむ妻の姿を思い出したとき耐えることはできません。
ですからどうしても霊的視野で妻を見ることが必要だったのです。

 ゆめこさんもお嬢様のことを地上的視野で思い出すととてもお辛いと思います。
ですから、このつらさを乗り越えるにはどうしても霊的視野が必要なんです。
 時間は人それぞれなのでゆめこさんがいつごろなのかは私にはわかりませんが、いつの間にか霊的視野でお嬢様を見ることができるようになっていますよ。

 そして 数年後には愛する人を亡くした同じ苦しみの方のお力になっているかもしれませんね。

「真の自分の救いは同じ苦しみの方のお役に立つこと」だと 私は感じています。



 
posted by コバチャン本舗 at 23:53| Comment(2) | 愛する人と死別したあなたに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コバチャン本舗 様

お手紙ありがとうございます。
ゆめこです。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
この記事を拝見した時は、とても嬉しかったです。
同じ想いで歩まれている方からのメッセージは、心にしみます。

地上的な視野であの子のことを考えると、本当に辛くて辛くて耐えきれません。その辛さから抜け出したくて、コバチャン本舗さんのブログに書かれていたシルバーバーチの霊訓を読み始めることになりました。
霊訓を読んでいくうちに、少しずつ気持ちが落ち着いて行くのがわかりました。
大空さんにコバチャン本舗さんのブログを教えていただいたのは、去年の4月なので、もうすぐ1年になります。
実は先日、生前の娘を思い出して泣きそうになったのですが、ふと、これは娘を亡くした自分自身を哀れんでいるだけだ。あの子はあの世で幸せなんだから、嘆き悲しむことではない。という思いが浮かんできたんです。
あの子に会えない辛さ、あの子に触れることが出来ない辛さ‥‥これはみな自分自身の都合ですよね。そのことが、最近少しずつ理解できてきたように思います。

本当は、瞑想や祈りをした方が良いんですよね。私は、すぐに眠ってしまってうまく出来ません。(気合が足りないのでしょうか?)

早く全ての物事を、霊的視野で見れるようになりたいと思います。
ボチボチやっていきます。
これからもよろしくお願いいたします。

Posted by ゆめこ at 2016年03月10日 22:44
小林です。

最近の大空さんのブログにあったように五感を越えた感覚で妻を実感することができるかと言われるとまだまだだと思います。

 そこまではいきませんが、でも 妻に導かれている感じはするんですよ。そして 寂しくないんですよ。不思議ですね。
 それから 僕も瞑想や祈りをしていると寝てしまうんです。

 最近 ウォーキングを再開したんです。昔は妻と一緒にウォーキングしていたのですが、妻と別れてからは一人でウォーキングするのがつらくてしていなかったのですが 死別2年と6か月後にウォーキングを急に始めたんです。

 これは間違いなく妻の導きなんですが、歩いてみると一人でもちっとも寂しくないんです。

 そして 瞑想や祈りの時のように幸せな感じで心がいっぱいになるんです。
 感謝でいっぱいになるんです。
 たまに感動して泣けて来たりするんです。

 こんな時 やっぱり 妻を感じるんです。とてもうれしいんですよ。

 私もゆめこさんといっしょでボチボチやっていきますね。

 コメント送っていただいてありがとうございました。
Posted by コバチャン本舗 at 2016年03月11日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スピリットヒーリング
無料ボランティア活動「遠隔ヒーリング」について
リンク集
関西シルバーバーチ読書会
大阪シルバーバーチ読書会
スピリチュアリズム普及会第1公式サイト/霊性進化の道
続 いのちの波動
コバチャン本舗のシルバーバーチ読書会
シルバーバーチを拠り所にして