2015年02月22日

一人娘を亡くしたばかりの母親の手紙に対してシルバーバーチの言葉

私は十九歳の一人娘を亡くしてしまいました。

fdarksanremo.jpg

「私は十九歳の一人娘を亡くしてしまいました。

私も夫もあきらめようにもあきらめきれない気持です。

私たちにとってその娘が全てだったのです。

私たちはシルバー・バーチの霊言を読みました。

シルバー・バーチ霊はいつでも困った人を救ってくださるとおっしゃっています。

(肢体不自由児だった)娘は十九年間一度も歩くことなく、酷しい地上人生を送りました。

その娘が霊界でぶじ向上しているかどうか、シルバー・バーチ霊からのメッセージがいただけないものでしょうか。

地上で苦しんだだけ、それだけあちらでは報われるでしょうか。

私は悲しみに打ちひしがれ、途方に暮れた毎日を生きております。」



 その方にこう伝えてあげてください。

神は無限なる愛であり、この全宇宙における出来ごとの一つとして神のご存知でないものはありません。

すべての苦しみは魂に影響を及ぼして自動的に報いをもたらし、そうすることによって宇宙のより高い、より深い、より奥行きのある側面についての理解を深めさせます。

娘さんもその理解カを得て、地上では得られなかった美しさと豊かさをいま目の前にされて、これからそれを味わって行かれることでしょう。

また、こうも伝えてあげてください。

ご両親は大きなものを失われたかも知れませんが、娘さん自身は大きなものを手にされています。

お二人の嘆きも悲しみも悼みも娘さんのためではなく実はご自身のためでしかないのです。

ご本人は苦しみから解放されたのです。

死が鳥かごの入口を開け、鳥を解き放ち、自由に羽ばたかせたことを理解なされば、嘆き悲しむことが少しも本人のためにならないことを知って涙を流されることもなくなるでしょう。

やがて時がくればお二人も死が有り難い解放者であることを理解され、娘さんの方もそのうち、死によって消えることのない愛に満ちた、輝ける存在となっていることを証明してあげることができるようになることでしょう。

「シルバー・バーチの霊訓(6)」152ページより
posted by コバチャン本舗 at 15:44| Comment(0) | 愛する人と死別したあなたに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スピリットヒーリング
無料ボランティア活動「遠隔ヒーリング」について
リンク集
関西シルバーバーチ読書会
大阪シルバーバーチ読書会
スピリチュアリズム普及会第1公式サイト/霊性進化の道
続 いのちの波動
コバチャン本舗のシルバーバーチ読書会
シルバーバーチを拠り所にして